お米のウエダ

お米のウエダ|オリジナル米の通信販売・店舗販売|寝屋川市(京阪・萱島駅近く)

HOME ご注文方法 お店案内 プライバシーポリシー お問い合わせ

 

HOME

お米・雑穀

お米の知識

ご注文ガイド
お店の紹介
HOME»  お米の炊き方

お米の炊き方

 

お米の炊き方 ワンポイントアドバイス

 

1. お米を洗う

たっぷりの水で素早く洗い、すぐに水を捨てる。
(米は一回目のすすぎの時素早く水を吸い込むので、手早くしないと
 糖を多く含んだ水を多く吸い込んでしまいご飯が糠臭くなるため)

その後2~3回軽く研いでざるに上げ軽く水を切ります。

近年、精米機の進歩とともに糠はほとんど取り除かれていますので、
研ぐと言うより糠を洗い流すくらいでけっこうです。

 

2. 水加減

標準となる水加減は米の1.2倍です。
微調整は各御家庭のお好みでしてください。

5月頃から、米も収穫してから半年以上たつので
少し乾燥している品物もありますので水を少し増やして調整してください。

米の保管設備は、かなり進歩していますので、
一年を通じて米の水加減は大きくは変わりません。

 

3. 浸漬します

夏で最低30分~1時間位、冬で1時間~2時間位は浸漬してください。

 

4. 炊飯

最近のほとんどのマイコン炊飯器は全自動で
「煮る・蒸らす・焼く」の一連の炊飯工程をしてくれます。

スイッチが切れればすぐにふたを開け、
しゃもじで釜の底から米粒をつぶさないようにひっくり返し、
十分、空気を含ませながらご飯をまぜ水蒸気をとばします。

ご飯が美味しく炊けない・・・
お客様の声を聞いていますと、炊飯器のスイッチが切れてからの
最後の仕上げをしておられないお客様が、実に80%以上に上ります。

最後の仕上げを忘れると釜の中の余分な水蒸気がふたに付着し、
水滴となってご飯の上に落ち水臭くなり、夏場などはご飯の腐りが早くなりますし、
ふっくらつややかなごはんにはできあがりません。

タイマーで炊いているご家庭に多いです。
(炊きあがってから食べるまでに時間があり食べる直前にふたを開けるようなご家庭)

 

お米の炊き方 ワンポイントアドバイス

 

1.米を、浄水器を通した水又は軟水のミネラルウオーターで洗米する。(硬水は禁物)
2.洗米した米を軽く水切りし、ビニール袋に入れ1~2時間冷蔵庫に入れておく。
炊飯用に1.の浄水器の水又はミネラルウオーターも冷蔵庫で冷やしておく。
3.炊飯器に米を入れ、冷蔵庫で冷やしておいた水で水加減をする。
4.炊飯器のスイッチを入れ、炊き上がればしゃもじで釜の底から米粒をつぶさないよう返し、十分空気を含ませながらご飯をまぜ水蒸気をとばします。
5.これでふっくら艶やかなご飯の出来上がり!
欲を言えばおひつに入れておけば最高です!!

 

お気軽にお問合せ下さい。